カフェ人気で飲食の求人は増えている

エプロンを結ぶカフェ店員

ニュースなどで「有効求人倍率があがった」

と話題にされているのを聞いたことはないでしょうか。

仕事を求める人に対して求人の数が増えている、それはある意味では正しく、ある意味では間違いだと言えるかもしれません。

なぜなら、求人の数そのものは確かに増えていますが、ただ単純に人気のある求人に応募が殺到し、魅力的ではない求人には応募がほとんどなく、いつまでも「求人が出ているだけ」という状態もカウントされている可能性があるからです。

人気があるものの人手不足の状態が続く飲食業界では、時間の融通が利くという理由から応募する学生や主婦も多いため、ある程度人手不足状態は解消されつつあります。

ですが、それも大手カフェチェーン店などの場合のみで、その他の飲食店では相変わらず人手不足に悩む雇用主も少なくないでしょう。

これは雇用側にもいくつか問題があるパターンが考えられます。

人手が足りないと言いつつ、

給与を引き上げない

人件費や新人教育のための時間を割くことをためらっている

いつまで経っても人手不足は解消されません。

しかし、そうした状況を改善しようと、勤務業態や人件費を見直す飲食業界の動きもあり、現在飲食業の求人はかなり好条件になってきました。

とは言え、飲食業では対人スキルなどを求められることもあり、敬遠してしまう人も多いものです。

しかし逆に初対面のお客様でもハキハキと話せる、人と接することが苦ではない人なら、そう難しくはないでしょう。

人手不足解消のためにマニュアルを作成したり新人教育に力を入れる、従業員に長く勤めてもらえるよう工夫している飲食店も増えつつあります。

今まで飲食業界で働くことを考えていなかった人も、一度仕事先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

求人の中でも飲食業は数が多く、条件的に恵まれている求人も全体数から見れば多いと言えます。

自分の望む良い条件の求人が見つけられなかったのなら、ぜひ飲食業の求人をチェックしてみることをお勧めします。

案外、自分の求める条件の求人が見つかるかもしれません。