求人が多いカフェなどの飲食業界

コーヒーを淹れる女性店員

ここのところ、人一人に対する求人の数、いわゆる

「有効求人倍率」は上がりつつあります。

中でも、飲食業界から出されている求人は以前より増加傾向にあるようです。

人気のカフェチェーンなどの求人は人気が高く、募集を出すとすぐに応募がくることも珍しくありませんが、その他の飲食業界では慢性的な人手不足が続いています。

なぜ、飲食業界は人手不足が続いているのでしょうか。

それは、
飲食業で働くということを甘くみている人が多いからなのかもしれません。

自分が普通に客として利用している時には、給仕をしたり会計をしたり、飲食店で働いている人達の仕事は簡単そうに見えるかもしれませんが、実際には客から見えない場所や営業時間外の仕事も多いものです。

特に全国展開している人気チェーン店などでは膨大なマニュアルや専門用語などをまず頭に入れなくては仕事ができません。

そして厨房は力仕事や汚れることも多く、食材や衛生管理の知識も必要です。

ホールでの接客も笑顔を絶やさず、丁寧かつ迅速な対応や責任が求められます。

軽い気持ちで求人に応募して飲食業で働き始めたところ、予想以上の重労働だと気づき、長続きしなかったという人が少なくないのが飲食業の人手不足の原因なのです。

これから飲食業で働いてみたい人は

まず自分がそのような環境や仕事量に対応できる器や余裕があるかどうか、今一度考えてみましょう。

人には向き不向きもあります。先に書いたように、単に客として訪れた店内の様子だけを眺めて仕事を理解しているつもりになってはいけません。

飲食業は、サービス業の中ではもっともメジャーで規模の大きい業界です。

だからこそ常に人手が求められており、求人も多いのです。

飲食とは人のもっとも身近で大切な行為であり、お金を払った客に責任を負うこと、臨機応変に対応できることが求められるのだと心しておくべきでしょう。

そして自分はそれができる、という人はぜひ応募してみてはいかがでしょうか。